« 掲示板は非常に優れた情報共有手段(2) | トップページ | 2017.01.21HUGに障害者の方も参加 »

2017年1月14日 (土)

掲示板は非常に優れた情報共有手段(3)

6 結果的に記録が残る

 手書きで情報が書かれた紙を掲示板に張り出すことのもうひとつのメリットは、記録が残るということです。

 大災害が発生した時は、目の前のことに対応することに手一杯になるので、よほど冷静でないと記録を残すという発想は出てきません。しかし、落ち着いてからその時のことをまとめてみようという時には、どうしても記録が必要になります。 また、大災害というのはめったに起こることではないので、記録を残しておけば、それを元にして次にどこかで災害が起こった時にどう対応すればよいのかを研究することもできます。

 記録が重要であることはわかっていても、上記のようにその時は記録を残そうという発想は普通は出てきません。ですから、効率的に災害対応をやっていたら結果的に記録が残るという方法が必要になります。掲示板を使うことがその答えではないかと思います。


7 電子機器による情報共有の可能性

 アナログの掲示板が優れている点を長々と書いてきましたが、 もちろんパソコンやスマートフォンなどの電子機器による情報共有にこそ大きな可能性があると思っています。どこに居てもその情報にアクセスできるというメリットには計り知れない価値があるからです。

 東日本大震災の時、通れる道マップという情報があることを知りましたが、今回の熊本地震の現場に行った時は、インターネットで公開されているこの情報を利用しました。

 これまで、電子機器を使った情報共有の最大のデメリットは、入力者に限りがあるということでした。特に行政機関が使っている防災情報システムは、通常そのシステムに入ることができる台数が限られているので、どうしても情報量に対して入力者が不足してしまいます。これは、信頼性のある情報を入力したいという条件があるので、ある意味仕方のないことではあるのですが、 やはりこれが現在行政機関で使われている防災情報システムの弱点の一つであると思います。

 通れる道マップは、個々の車から発信される情報を巨大コンピューターで処理しているものだと思いましたが、それは言葉を変えて言えば入力者がたくさんいるということになると思います。

  ラインなども入力者は非常に大勢いるわけですから、基本的に入力者が不足するということはありません。入力さえできれば、後はそれをどう処理するかという問題ですから、ビッグデータの活用が急激に進んでいることを考えると、もうじき素晴らしいシステムができるのではないかと期待しています。

 


« 掲示板は非常に優れた情報共有手段(2) | トップページ | 2017.01.21HUGに障害者の方も参加 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掲示板は非常に優れた情報共有手段(3):

« 掲示板は非常に優れた情報共有手段(2) | トップページ | 2017.01.21HUGに障害者の方も参加 »