« グループ間の距離 | トップページ | 2016年9月1日流通センター組合員事業者・地域住民・福祉関係者によるHUG体験会 »

2016年8月31日 (水)

1グループの机の適正面積

 HUGでは、普通よく見かける会議室机を3脚集めてひとつの島を作るようにお願いしています。

 ここで、普通よく見かける会議室の机というのがどんなものかが問題になりますが、横幅が180cm、奥行きが45cmの机です。机のサイズは皆さんあまり気にかけたことがないと思いますが、測ってみると上記のサイズだと思います。
 この机3脚を集めて並行に並べます。すると長い方が180cm、短い方が45cm×3=135cmになります。この上に体育館や敷地図、教室の図面を置きます。
 先ほど、机のサイズはあまり気にかけたことがないのではと書きましたが、時々奥行が60cmの机があります。豪華な会場や議会関係の机にこのサイズが多いようです。この机を3つ並行に並べると、長い方が180cm、短い方が60cm×3=180cmとなり、180cmの正方形になります。これだと、少し広すぎますので2脚で実施してください。
 180cm四方だとなぜ広すぎるかですが、一つ目は向かいに居るプレイヤーとの距離が遠くなりすぎ、声がとどきにくかったり表情がつかみにくかったりすることがあります。相手との距離が遠くなれば大きな声を出すようになり、会場が騒がしくなって臨場感がでるのだからいいじゃないかというと、そうでもありません。180cmというのは、畳の長い方の長さより数センチ長いくらいの距離ですが、この距離になると相手との疎遠感が出てきます。
 もう一つの理由は、机の上に置いた図面に手が届きにくくなるということです。相手との距離が120cm、135cmの場合は、身を乗り出すと届きますが、180cmになるとちょっときつくなってきます。
 HUGでは、プレイヤー全員が時には役割分担をし、時にはいっしょになってカードの配置や図面への書き込みを行っていきますが、手が届かないところにあるものは、文字通り「手の出しよう」がありません。次から次へと押し寄せてくる避難者や情報に全員で対処していくためには、すべてのメンバーが手がすいたら他の人の手伝いをしたり、協力して対処することが必要ですので、手が届かないよりは手が届く方が良いということになります。
 では、奥行45cmの机2つならどうかということですが、2つですと図面を置くスペースが不足します。
 ときどき、空いている机を見つけてきて隣に置き、教室置き場に使う光景が見られますが、これもあまりお勧めできません。教室置き場の近くにいる人にしか、誰が教室に配置されているかがわからなくなってしまうからです。
 でも、会議室机3脚じゃやっぱり広さが足りないという方もいらっしゃるかと思いますが、私物や配付された資料、グループの番号が書かれた立て札など、余分なものをすべて机の上から下ろしてやってみると、ギリギリでできることがわかると思います。面積が足りなくなってきたら、図面や教室を少し重ねておくとかの工夫をすると何とかなります。
 何回も何回も試してみての結果ですので、できれば幅180cm×奥行45cmの机3脚(奥行60cmの机の場合は2脚)でひとつの島を作ってやってみていただきたいと思います。

« グループ間の距離 | トップページ | 2016年9月1日流通センター組合員事業者・地域住民・福祉関係者によるHUG体験会 »

ゲームのしかた」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2399055/67278343

この記事へのトラックバック一覧です: 1グループの机の適正面積:

« グループ間の距離 | トップページ | 2016年9月1日流通センター組合員事業者・地域住民・福祉関係者によるHUG体験会 »